家事・節約

日用品費の節約を叶える5つのポイント!今さら聞けない月平均額もチェック

日用品費を節約しよう!
主婦Aさん
主婦Aさん
家族がテレワークをしているから?日用品の出費が増えて困っている
会社員Sさん
会社員Sさん
ドラッグストアに寄ると、すぐに使わないモノも買ってしまう

最近、日用品費がかさんで困っていませんか?

今回は日用品費の節約方法をお話しましょう。

この記事を読めば、日用品費の節約方法がわかりますよ。

FP店長@ゆき
FP店長@ゆき
日用品費の節約といえば、まとめ買いですが、必ずしもお得というわけではありません。

なかなか聞けない日用品費の平均額も掲載しましたので、ぜひ最後までご覧ください。

日用品費の節約を叶える5つのポイント!

日用品費を節約したいなら5つのポイントを抑えよ!
服や子どものおもちゃ類を購入するときには、本当に必要なのか?を考える方も多いですよね。

その一方で日用品は、生活する上で必要なモノだから…と、つい財布のひもが緩んでしまいがちです。

しかし、ドラッグストアで目につくたびに買い物をしてしていると、いつの間にか「ちりも積もれば山となる」状態になり、家計を圧迫することにもつながります。

ここからは、日用品を購入する際、気を付けたい5つのポイントをご紹介します。

ポイント1:日用品費のリストを作成

日用品は新製品が発売されるサイクルも早く、魅力的な性能を持ったモノがCMなどで放送されているを見かけることが多いでしょう。

今手元にお風呂用洗剤があるのに、新製品の性能に心惹かれてしまい、つい買い足してしまうといったこともあるかもしれません。

しかし、お風呂掃除をするには複数の洗剤は必要なく、結果としてムダな買い物になってしまいます。

まずは家で使用している日用品をリスト化してください。

リストにある日用品のストックがなくなったのならば買い足すといったサイクルを意識すれば、余計なモノを購入することはなくなるでしょう。

ポイント2:買い置きを止める

日用品費は

マネくん
マネくん
食費と違って消費期限があるモノではない
親子Bさん
親子Bさん
どうせいつかは使うし、たくさんあっても困らないから

と、つい買い置きをしてしまうことも多いでしょう。

たしかに日常的に使うモノではありますが、過剰に買い置きをすると、「今買わなくてもよいモノ」にお金を費やすことになり、月の家計を圧迫することにつながります。

また、日用品は特売やパッケージのリニューアルなどで、購入したときよりも安く売り出されることも多いので、買い置きは最低限の個数に留めておきましょう。

1つ使ったら次の買い物で1つ買い足すといった、「常に未開封が1つある」といった頻度で買い物をすれば十分です。

ただし、2020年現在、コロナウイルス流行の影響で買い物の回数をできるだけ控えたい方も多いかもしれません。

その場合は「使用頻度の高い日用品の買い置きは未開封品を2つ、それ以外は1つ」といったルールを設けるなどして、買いすぎを防ぎましょう。

ポイント3:日用品費の予算を決める

先ほど「買い置きを止める」とお話しましたが、

主婦Aさん
主婦Aさん
これ以上値下がりすることはないかも………

と思うほど、いつも使っている製品がお得になっていることもあるでしょう。

また、ときにはこれまで使用したことのない便利そうな日用品を試してみたいこともあるかもしれません。

節約も大切ですが、我慢ばかりではストレスが溜まってしまいます。

日用品を節約したいのであれば、まずは月の予算を決めましょう。

そして必要なモノを買っても予算が余るようであれば、ときには新しい製品を試してみるのも良いかもしれません。

欲しいからといって予算オーバーをして手に入れるのではなく、あくまで決められた範囲内でやりくりをするのが大切です。

ポイント4:日用品の代用方法をチェック

日用品といえばティッシュペーパーやトイレットペーパーといった紙類が思い浮かびますが、それらを何かで代用するのは難しいものです。

しかし、洗剤に関しては代用することが可能なので、節約するのであればぜひ一度見直してみましょう。

たとえば重曹(炭酸水素ナトリウム)は、

  • 汚れをはがす発泡性
  • 金属類をピカピカにする研磨作用
  • 嫌なニオイを取る脱臭作用

があり、掃除洗剤の代用品としてに大いに役立ちます。

重曹をお掃除として利用する方法は次の通りです。

  • キッチンのコンロまわりの汚れ落とし
  • 排水溝のニオイや流しの掃除
  • 浴槽や洗面台の掃除
  • 生ゴミの嫌なニオイ対策
  • ペット小屋のニオイ対策

など、幅広く使えます。

それぞれを別の洗剤を使って掃除をするならば、

  • キッチン用汚れ落とし洗剤
  • 排水溝クリーナー
  • お風呂用洗剤
  • 生ゴミの消臭剤
  • ペットの消臭剤

と複数の洗剤類が必要になります。

これらを重曹だけで賄えるということですから、日用品費を大いに節約できそうです。

ちなみに重曹は、1kgで400円程度と非常にお手頃な価格になっています。

このほかにも使い古したストッキングは網戸のゴミや靴磨きに使用でき、着なくなったTシャツ類をウエスとして使用できるでしょう。

このように新しく買うのではなく、日常の不用品を代用することで、節約へとつながります。

ポイント5:クーポンでお得に買い物する

日用品を買い物するときには、クーポンをうまく活用してください。

ドラッグストアやスーパーによっては、メンバーになることで定期的に値引きになるクーポンが発券されれることも多く、特に日用品を購入することができるでしょう。

また、買い物をするときには決まった店舗を利用するのも節約になります。

たとえばポイント還元やスタンプサービスのある店舗ならば、使う金額が大きくなるほどお得になるでしょう。

また、最近では、スマホアプリやショップのLINE@(店舗からクーポンなどのお得な情報が、LINEで配信される公式アカウント)に登録することで、お得な情報が配信されてくることも多々あります。

よく行くお店については事前に登録しておきましょう。

そしてお店独自のサービスだけでなく、最近では使用する電子マネーでも還元サービスやクーポンを発券していることもあります。

こちらの場合は支払方法を所定の電子マネーにするだけなので、さらに手軽に割引サービスを受けられます。

【節約の目安は?】日用品の月平均額は10,329円

【節約の目安は?】日用品の月平均額は10,329円
そもそも日用品費とは何なのかというと、日常的にかかる費用です。

たとえばティッシュペーパーや歯ブラシ、洗濯用洗剤などが挙げられるでしょう。

ポイントとしては「生活をしていく上で、日常的に使うモノ」というところで、たとえば「たまにはスペシャルなスキンケアをしようと購入した高級フェイスマスク」といった嗜好品は含まれません。

そして気になる日用品の平均額ですが、2019年に行われた総務省統計局の家計調査によると、月額10,329円になっています。

この数値は2人以上世帯のひと月分になっており、さらに寝具類も含まれているため、実際にはもう少し低い金額になるでしょう。

また、おむつやおしりふきを使っている子どもがいる家庭の場合は、上記に1人あたり約5,000円が追加されます。

もし2人以上で住んでおり、さらにおむつを使用する子どもがいないにも関わらず、「月額10,329円以上使っているかもしれない……」という方は、この機会に日用品費の節約を意識した方が良いかもしれません。

まとめ:日用品費のリスト化と在庫管理で無駄買いを防ぐ

日用品費のリスト化と在庫管理で無駄買いを防ぐ

日用品は毎日生活する中で使用するため、節約しづらいと感じている人も多いはずです。

しかし、必要だからこそつい買い過ぎてしまうこともあり、見直すことで意外と節約できる部分でもあります。

まとめ
  • 日用品の月平均額は10,329円
  • 日用品をリスト化し、買い置きのルールを決める
  • 日用品費の予算を決める

これまで日用品の節約を意識したことがなかった方も、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。

日用品を節約して、本当に必要なモノを買うお金に回していきましょう。

ABOUT ME
FPカフェ 店長ゆき
FPカフェ 店長ゆき
当FPコラムサイト、店長のゆきです。ファイナンシャルプランナーの資格を活かして、カフェにいらっしゃったお客様の悩みや質問にお答えしています。
お問い合わせはこちら

てすと